勉強・資格試験

登録販売者試験テキスト「ユーキャン」「7日間でうかる」どっちがいい?徹底比較!

投稿日:

こんにちは、黒川あさひです。

 

登録販売者試験の勉強法について書いた記事内で、使用したテキストを紹介しました。

 

私が実際に勉強に使ったテキストは、「7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 」です。

 

私が受験した当時は、このテキストが一番評判がよかったので、選びました。

 

しかし、最近はユーキャンが出版した「ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第2版」のほうが人気が高いようです。

 

この2冊は書店でも置かれていることが多く、

「どちらを選べばいいのかわからない…」

と悩んでいる方のために2冊を徹底的に比較しました。

 

テキストを選ぶときに参考にしてくれたら嬉しいです!

(※以後、テキストをそれぞれ「ユーキャン」「7日間でうかる」と表記します)

 

登録販売者試験テキスト「ユーキャン」「7日間でうかる」の基本情報

ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第2版 (ユーキャンの資格試験シリーズ) 7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2020年度版
出版社 ユーキャン学び出版/自由国民社 日経BP 日本経済新聞出版本部
価格 2,200円(税込) 1,980円(税込)
ページ数 536ページ 428ページ
附属品 過去問の回答・解説(別冊)・赤シート 赤シート

 

まず、気になる価格ですが「ユーキャン」のほうが少し高いです。

とはいえ、「ユーキャン」のほうがページ数が多いので、この価格は妥当かなと思います。

 

少し強引ですが、1ページ当たりの値段を計算してみました。

  • 「ユーキャン」:4.1円/1ページ
  • 「7日間でうかる」:4.6円/1ページ

1ページ当たりの値段を見ても、「ユーキャン」のほうが少しお得ですね。

 

「ユーキャン」のテキストは2,000円以上するので、「少し高いかな」と感じるかもしれません。

しかし、その分ページ数も多く、内容も無駄がありません。

なので、買って損はないと思います。

 

比較①:「ユーキャン」は31項目、「7日間でうかる」は7項目に分かれている

テキストを使って勉強をするときに

あさひ
今から、○ページから○ページまでやろう!

と決めて取りかかる人は多いと思います。

テキストが項目ごとに区切られていると勉強しやすいですよね。

 

「ユーキャン」は31項目、「7日間でうかる」は7項目に分かれています。

テキストの断面を写真に撮ってみました。

「ユーキャン」のほうが、項目が細かく分かれているのがわかります。

 

1項目ごとのページ数は以下とおりです。

  • 「ユーキャン」:10ページ前後/1項目
  • 「7日間でうかる」:約20~40ページ/1項目

 

なので、すきま時間にちょっとずつ勉強する方は「ユーキャン」、

まとまった時間がとれる方は「7日間でうかる」をおすすめします。

 

注意

「ユーキャン」の表紙に「ちょっとずつ31日で一発合格!」と書かれていますが、

「一日1項目ずつ読む」のではペースが遅すぎます。

できれば一週間ほどで一冊を読み切るくらい、ざっくり読むのがいいと思います。

テキストは、ただ読むのだけではなく、「過去問を解いて確認する」ときに使うようにしましょう。

 

比較②:誌面の見やすさはオールカラー誌面の「ユーキャン」が圧勝!

資格のテキストの誌面は、2色刷りのものが多いですが、「ユーキャン」はオールカラー誌面なのが特徴です。

パッと見た感じ、とても見やすいので「読んでみよう」と思える誌面になっています。

 

注意

オールカラーとはいえ、人体のイラストは2色刷りです。

 

一方、「7日間でうかる」はすべてのページが2色刷りです。

「ユーキャン」と比べると、誌面は地味な印象かもしれません。

 

とはいえ、内容やまとめ方は「ユーキャン」に引けを取らないので、勉強する上では特に問題はありません。

 

比較しやすいように、両者、同じ内容のページを載せてみました。

(上:「ユーキャン」下:「7日間でうかる」)

 

多くの受験生が苦手な分野「漢方薬」をまとめているページです。

どちらの誌面も、以下のような工夫がされていることがわかります。

  • 表にまとめられている
  • 構成している生薬(カンゾウ・マオウなど)がマークで書かれている
  • 出題頻度が高いものは印がついている

 

オールカラーか2色刷りかの違いで、それ以外はほぼ同じような構成です。

書店で中身を見るなり、通販サイトの試し読みをするなりして、見た感じの印象で決めるといいでしょう。

 

比較③:過去問は「ユーキャン」は巻末、「7日間でうかる」は項目の最後に掲載

どちらも過去問が収録されていますが、掲載されている場所が違います。

 

「ユーキャン」は巻末に過去問(200問)がまとめて掲載されています。

 

回答と解説は別冊になっています。

 

この配置は、おそらく「テキストを読む→過去問を解く」という流れを意識しているのだと思います。

しかし、テキストを1~2回読んだところで頭に入らず、過去問を解けるようにはなりません。

むしろ逆で、「過去問を解きながらテキストで調べる」という流れのほうが効率よく勉強できます。

過去問を解きながらテキストで調べる場合、過去問が巻末にあると少しやりにくいかなという印象です。

 

「7日間でうかる」は、それぞれ項目の最後に過去問(10~20問)が掲載されています。

 

解答・解説は過去問の後ろにあります。

 

項目の最後に過去問が掲載されているので、「過去問→テキスト」という流れで勉強しやすいです。

 

また、「7日間でうかる」は巻末に「模擬テスト(120問)」が掲載されています。

  • 問題数は本番と同じ120問
  • 科目ごとの問題数も本番と同じ
  • 問題は、全国の過去問の一部を改訂、修正したもの

本番直前に、力試しとして解くのにピッタリです。

 

比較④:付属の赤シートの大きさは「ユーキャン」のほうが大きい

「ユーキャン」「7日間でうかる」のどちらも、付属に赤シートがついています。

テキストの赤い文字を消しながら覚えることができるので、便利ですよね!

 

この赤シートの大きさに違いがあります。

 

「ユーキャン」の赤シートのほうが大きいです。

「7日間でうかる」のほうは、縦向きに使うと文字を全部隠すことができません。

横向きで使えば問題ありませんが、気になる方は別の赤シートを用意したほうがいいかもしれません。

 

まとめ:総合的に見ると登録販売者試験のテキストは「ユーキャン」がおすすめ!

両者を比較してみて、まとめ方や掲載されている問題数に、大きな違いは見られませんでした。

ちなみに、掲載されている問題数は以下のとおりです。

  • 「ユーキャン」:過去問200問
  • 「7日間でうかる」:過去問約100問+模擬テスト120問=計約220問

 

それ以外で、

  • 資格試験の通販教育で有名な「ユーキャン」監修
  • オールカラー誌面
  • 大きめの赤シート

という点をふまえると、「ユーキャン」のほうがテキストとして優れていると考えます。

 

ここからは個人的な意見ですが…。

私は「7日間でうかる」を使って2ヶ月という短期間の勉強で合格できたので、テキストとしては申し分ありません。

しかし、「ユーキャン」のオールカラー誌面はやはり見やすく、勉強のモチベーションが上がるなと思いました。

私自身、ビジュアルで覚えるのが得意なので、少しでも色があったほうが勉強しやすいと感じます。

もし、本屋でこの2冊が置いてあったとしたら、「ユーキャン」を選ぶかなと思います。

 

テキスト選びに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。



-勉強・資格試験

Copyright© ゆるたん結婚生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.