ゆるくたんたんと生きるための忘備録

ゆるたん結婚生活

仕事

【転職info】「転職に失敗したと思ったらどうするべき?…失敗のパターンと後悔しないための方法」の感想【PR】

更新日:

こんにちは、黒川あさひです。

 

この度、【転職info】様からお話しをいただき、記事の感想を書かせていただくことになりました。

転職情報ブログ【転職info】では、転職に関する記事が多く掲載されています。

年代別、業界別にカテゴリ分けされているので、自分に合った記事を見つけることができますよ!

 

今回はブログ内の記事の一つ「転職に失敗したと思ったらどうするべき?…失敗のパターンと後悔しないための方法」の感想を書かせていただきました。

私は7年前の結婚を機に引っ越することになり、初めての転職をして現在も同じ職場で働いています。

入社したときはわからなかったのですが、蓋を開けてみると「離職率が高いブラック職場(部署)」だったのです!

私は運よく続けられていますが…それでも、ふとした時に「転職は失敗だったな」と思うことがあります。

あさひ
もう少しよく考えて転職すればよかったです

 

私の経験や考えも合わせて、記事の感想を紹介したいと思いますので、よかったら最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

転職に満足していない「ミスマッチ転職」の原因

 

記事よると、「転職した結果、満足していない」という人の割合は約2割だそうです。

10人に2人と考えると、転職したものの不満があるという人は意外と多いんですよね。

 

このような「ミスマッチ転職」が起きてしまうのには、以下のような原因が考えられると書かれています。

  • 人間関係がよくない
  • 社風が合わない
  • 待遇、条件が自身の希望とかけ離れている
  • 仕事内容が思っていたものと違う

 

私の場合、「人間関係」「待遇、条件が自身の希望とかけ離れている」が当てはまっています。

人間関係は言わずもがな(笑)

「待遇、条件」に関してですが、求人情報に載っていた勤務時間以上に時間外労働が多かったことが予想外でした。

(残業代はしっかり付くので、そういう面では完全に悪いとは言い切れないですが…)

もう少し人数がいれば時間外労働が分散されて減るのですが…

前述のとおり人が定着しない職場なので結局残った人たちで回すしかなく、一人一人の負担が増えています。

 

これらの項目は、実際に働いて初めてわかることです。

面接のときの印象はよくても、「実際は全然違った!」なんてことはよくある話ですよね。

 

転職に失敗したと思ったらどうする?とどまるか再就職か?

 

記事では、「転職に失敗した後の対処法」について書かれています。

転職に失敗したとき、現在の職場にとどまるか、それとも再就職するかという選択を迫られることになるでしょう。

 

個人的な意見としては、「現在の職場にとどまる」ことをおすすめします。

ただ、それには条件があって、「周りに自分と同じ考えの人がいる」ことです。

もし、自分だけが完全に除け者にされていて周りは全員敵!という状態であれば、さっさと逃げるべきです。

しかし、例えば変な人が一人いるけどそれ以外の人は「嫌だけど仕方なく働いている」というような現状であれば、職場環境が変わる可能性があります。

 

私の職場では、パワハラをする上司が一人いて、その人のせいで何人もの新人が辞めていく状態でした。

資格職ということもあり、何か問題があっても部署移動ができないことから、

人間関係で躓いてしまった人は退職する道しか残されておらず、これまでに何人もの人が離職していきました。

周りもパワハラ上司のことを「何とかしないと」とは思っていても、結局は自分がターゲットにならなければそれでいいという考えでした。

絶対に変わらないと思っていた職場ですが、あるとき上司のパワハラがようやく大問題となり、上司が退職するという急展開を迎えたのです。

パワハラ上司が消えたことで、職場の環境は一変しました。

このように、職場の環境がガラリと変わる可能性もあります。

 

記事では、「話しやすい同僚や上司を見つける」ことが大事と書かれています。

私もこの意見には賛成です。

いろんな人と話してみて、自分と同じ考えを持つ人を一人でも多く見つけてください。

自分と同じ考えの人がいるというだけで、精神的に楽になるのはもちろんですが、

同じ考えを持つ人たちが多数派になれば職場の環境が変わることだってあるかもしれません。

 

転職で失敗しないための方法

 

記事では、転職で失敗しないためにどのような点に気を付ければいいのかについて書かれています。

  • 転職活動中の綿密な情報収集
  • 他社との比較をする
  • キャリアや適性などを把握する
  • 転職で譲れない条件を固める
  • 転職前に会社を辞めない

 

この中で、私が重要だと思うのは「他社との比較をする」ということです。

私は転職活動を始めて最初に面接をした職場に内定をいただいたので、そのまま入職してしまいました。

今思えば、「もっと他の職場を見学してから、決めればよかった」です。

 

私は1月に前の職場を退職したので、「4月までには新しい職場で働けるようにしないと」と焦っていました。

確かに4月に入社したことで、同期の方たちと一緒に研修を受けることができたのはよかったと思います。

とはいえ、中途採用ならそこまで4月入社にこだわる必要もなかったかなと…。

たとえ転職活動が長引いたとしても、「失業保険」が適用されれば金銭的な負担は心配ありません。

 

転職活動に時間をかけたからといって、自分が理想とする職場に出会えるとも限りませんが、

少なくとも「もっと他の職場と比較して決めればよかった」という後悔はなくなるのかなと思います。

 

最後に

転職info】より、「転職に失敗したと思ったらどうするべき?…失敗のパターンと後悔しないための方法」の感想を書かせていただきました。

元の記事はこちらから読むことができますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 



Copyright© ゆるたん結婚生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.