生活

生協の宅配でもらえるビニール袋を生ごみ入れに!切って縛るだけでできるよ

投稿日:

こんにちは、黒川あさひです。

 

子どもが産まれてから、生協の宅配にお世話になっています。

・家にいながら注文、受け取りができる

・ティッシュやお米など、大きくてかさばるものを自宅まで配達してくれる

・離乳食などの赤ちゃんや子ども向けの商品も充実

・子どもが2歳になるまで送料は無料

と、多くのメリットがあるので、今の生活にはなくてはならないものです。


便利がいっぱい!生協の宅配サービス お申し込みはコチラ


冷凍、冷蔵の商品はビニール袋に入って、さらに発泡スチロールの箱に入れられています。

そのビニール袋が、毎回結構貯まるんですよね。

我が家では、そのビニール袋を、料理をするときに生ごみを入れる小さい袋に再利用しています。

簡単にできるので、ぜひ作ってみてほしいです。

あさひ
捨ててしまうのはもったないですよ!

 

生協の商品が入っているビニール袋は、こんな感じで横長

大きさをわかりやすくするために、隣にテレビのリモコンを置いています。

けっこう大きいのですが、上の部分が開いている横長の袋です。

ゴミ袋に使うのにはちょっと不便ですよね。

(もちろん気にしないのであれば、大きいまま使うことも可能です)

ここでは、二つに切って小さいゴミ袋にする方法を書いていきます。

 

生協でもらえるビニール袋を小さい袋に変える方法

1.真ん中で二つに切る

適当に真ん中で切ります。

キッチンばさみで切っていますが、普通のはさみでもいけると思います。

 

二つに切るとこんな感じになります(ガタガタですが…)。

 

2.短いほうを堅結びにする

短いほうを結びます。

一回だけだとゆるいので、しっかりと二回縛り(堅結び)ます。

 

3.広げて形を整えたら完成!

結んでいないほうを広げて完成です。

 

生協でもらえるビニール袋から作る小さいビニール袋のメリット

上の写真のようにガバっと開くので、ゴミを入れやすいです。

なので、料理をするときの生ごみ入れに最適。何でもポイポイ入れやすい!

あと、もう一つのメリットは、スーパーでもらえるロール状のビニール袋に比べて、生協のビニール袋は厚く丈夫な作りをしています。

なので、穴が開いて漏れた!なんてことは少ないです。

(商品を出したときに破れている可能性もありますので、作る前には確認してくださいね)

 

スーパーでもらえる商品を入れるビニール袋だと、生ごみ入れにするにはちょっと大きいんですよね。

かと言って、コンビニとかにはたまにしか行かないので、小さいビニール袋をもらう機会って少なかったんです。

なので、少しでも足しになるので本当に助かります。

 

ちなみに、この作り方を編み出した(?)のは旦那です。

何も言わずにさらっと作ってあって、「え!これすごいじゃん!」と言うと、「え?そんなにすごいか?」と呆れられました。

あさひ
私だったら、絶対にそのまま捨ててた…

 

簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!



-生活

Copyright© ゆるたん結婚生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.