仕事

人がすぐ辞める職場にいる私が【パワハラ上司】の実態を書く!対策もまとめてみたよ

投稿日:

こんにちは、黒川あさひです。

 

求人を見ていると、

「この会社、ずっと求人募集してるな」

と思うことってありませんか?

 

業務の拡大のため人員を増やしたいとか、理由はいろいろあると思います。

でも、ずっと求人を募集している理由の多くは、すぐに人が辞めてしまうからだと思います。

 

私の職場も、実はずーっと求人が出ています。

10人ほどの部署ですが、私が在籍している約3年間で5人の人が辞めています。

だいたい入職して、半年~1年くらいで辞める人が多いです。

 

すぐに人が辞めてしまう原因は、一人のパワハラ上司です。

この一人のパワハラ上司がいなかったら、だいぶまともになっていると思います。

パワハラと聞くと、怒鳴ったりするイメージがあるかと思いますが、この上司はネチネチとしつこく詰めていく感じです。

 

私は何とか続けられていますが、ときには、神経をすり減らすこともあり、

あさひ
このクソ上司どこかに転職してくれないかな

と思ってしまいます。

 

ここでは、パワハラ上司がいる職場の実態、そしてどんな対応をしたらいいかについて書いてみようと思います。

パワハラ上司に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

※ちなみに、外部に訴えるとかそういう対策は今回省いています。あくまで部署内での対策です。

【パワハラ上司の特徴①】ちょっとした欠点を見つけて揚げ足をとる

例えば、こちらが何かを質問すると、

「じゃあ、どうしたらいいと思う?」

って言われるんです。

 

そりゃあ、考えてわかることならいいです。

でも、忙しい業務の合間で、しかもまだ業務に慣れていないときにこう言われても何も答えられません。

 

で、一生懸命頭をひねって答えを言っても、

「ちゃんと考えた?」

と言われる。

逆に黙っていると、

「ちゃんと考えてる?」

と言われる。

 

結局、どんな態度をとってもダメなんです。

ただ、欠点を見つけて何か言いたいだけ。

こんな感じで話が長いので、とりあえず「はい…はい」と肯定しつつ時が過ぎるのを待つしかない。

 

二人が話している中、他の人たちは仕事をしています。

まあ、この上司が仕事をしなくても回っているという状況がそもそもおかしいんでしょうけども…。

あさひ
とりあえず、仕事をしてくれ!!

 

【パワハラ上司の特徴②】自分しか指導できないように仕向ける

基本的に、パワハラ上司は教えたがりです。

なので、新人が他の人に教えられるのを嫌がります。

 

なので、「何かあったら絶対に自分のところに聞きにくるように」という話をします。

(シフトの関係で上司が休みの日は、〇〇さんに聞くように、と必ず指名します)

 

それ以外の人に、教えてもらうのはタブーです。

その上司にしか教えてもらえないので、仕方なくどんな些細なことでも上司に質問します。

そうすると、先ほども言ったようにネチネチとパワハラ攻撃が始まるわけです。

 

他の人に聞いたら10秒で済むことが、上司に聞いたら、話が終わるまで下手すると20分かかるなんてこともあります。

あさひ
他にベテランの先輩が何人かいるのに…時間のムダ!

 

【パワハラ上司の特徴③】自分は仕事ができないと暗示をかけさせられる

そんなふうに、上司から執拗に攻撃されると、だんだんと「自分は仕事ができない、だから怒られるんだ」と思うようになります。

洗脳されてしまうんですね。

 

でも、実際に周りの立場から見ると、本当に仕事ができない人は3割くらいだと思います。

7割の人は環境が変われば普通に働けると思います。

 

入職してくるたいていの人が、以前別のところで働いていた経験を持っています。

なので、働く素質がまったくない人はいません。

あさひ
結局は環境の問題なんだよね

 

【パワハラ上司の特徴④】辞めることをほのめかすと、引き止めるも結局パワハラは終わらない

とうとう限界が来て、「辞めたいです」と話をするとしましょう。

そんなにパワハラをするなら、自分がいなくなったほうがいいのでは?と思うのですが、なぜか引き止められます。

 

おそらく、人手が減るのを恐れているのかもしれません。

「これからは、もうちょっと優しく指導する」と言ってくれることもあります。

しかし、まあ変わりません。

あさひ
きっと不治の病気なんだろうと思うよ

 

なぜ、パワハラをするのか?それは自分より仕事ができなくさせるため

パワハラ上司がなぜ、こんなふうに欠点を見つけてネチネチと攻撃するのか?

自分なりにだんだんとわかってきたのですが、DJあおいさんがブログでされている人生相談の答えに「ああ、これこれ!」と共感できるものがあったので、ぜひリンク先を読んでいただきたいです。

「後輩のミスが気になってしかたなく、つい強く言って自己嫌悪になってしまう」という相談の回答がこちら。

その人に対して
『仕事ができる人材に育って欲しい』と願っていて
そのために助力を注いでいる人ならば
その人の良いところを見逃しません
どんなに小さな成功でもそこに着目します
なぜなら嬉しいからです

その人に対して
『仕事ができない人であって欲しい』と願っていて
そのために工作しているような人ならば
その人の悪いところは決して見逃しません
どんなに小さなミスでもそこに着目します
なぜなら嬉しいからです

いちいちミスを突っつく人、いちいち否定する人というのは
怒っているのではなく、喜んでいるのです
その人が仕事ができない人であることを誰よりも喜んで
その人のミスや浅はかな言動を祝福しているのです
体裁上怒っているポーズはとっていますが内心はウッキウキ
嬉々としてその人を叩き
その人が無能であることに歓声をあげているのですよ

なぜそれが嬉しいのか
それはその人が有能な人材になるのが怖いからです
怖いから無関心になれず、怖いから目を離すことができず
いちいちその人の言動を追ってしまうのです
そして自分の思惑通りにその人が何かをしでかすと
待ってましたとばかりに『だからお前はダメなんだ』と劣等感を植え付けようとするのですよ

パワハラ上司は、自分が仕事ができないのを認められないのです。

なので、新人を「仕事ができない人」にさせるために、ミスを見つけてネチネチと攻撃する。

教えている風を装えば、仕事ができる人と思われますからね(実際は、周りは誰もそう思っていませんが)。

あさひ
DJあおいさんのブログの人生相談の記事は、
本当に参考になるので仕事に悩んでいる方はぜひ読んでみてほしいです!

 

パワハラ上司への対策はあるの?

私が、ここまで続けてこれたのは、たまたま運がよかったのもあると思います。

なぜか最初から、その上司に教わることがほとんどありませんでしたし…。

 

しかし、新人がいなくなると、だいたい私がターゲットになります。

今まではスルーされていたことを目ざとく見つけてネチネチと攻撃されたこともあります。

そんな中で、なんとなくどう対処したらマシかがわかってきたので、書いてみようと思います。

 

【対策1】ビクビクせずに毅然とした態度で接する

パワハラ上司は、自分より弱いものしかいじめません。上の立場の人にはペコペコしています。

なので、怒られたからといって、ビクビク怯えている態度をとると、余計エスカレートする可能性があります。

ですので、できるだけ毅然とした態度でいたほうがいいです。

 

しかし愛想がないのもよくないので、「はい、はい」とにこやかにしっかり返事をしつつ、ドーンと構えていましょう。

話は長いけど、いつかは終わると聞き流してください。

真剣に聞く必要ないです、たいていしょうもないことしか言ってませんから。

 

【対策2】言い返したり、言い訳したりしない

パワハラ上司はプライドが高いので、正論を言われると腹が立ちます。

自分が間違ってると思われるのが嫌なんでしょうね。

なので、反論したり言い訳したりすると、火に油を注ぐことになります。

 

明らかに相手が間違っている場合でも、反論したところで「あ、そうかごめんごめん」と素直に認めるはずがありません。

それなら、グッと我慢して聞き流したほうがまだいいです。ムカつきますけどね。

私もつい言い訳してしまって、「しまった!」と思ったことがあったので、それ以降はひたすら聞き流しています。

 

【対策3】パワハラ上司が一目置いている職員さんに気に入られる

上司はさっきも言ったように人を選ぶので、攻撃される人もいれば、まったくされない人もいます。

なので、攻撃されない人を味方につけましょう。

そういった職員さんに好かれれば、こちらが被害を受けることは少なくなります。

 

一目置いている職員さんから「あの子頑張ってるよ」なんて話が耳に入れば、おそらく攻撃なんてできなくなります。

ただ、攻撃されないような職員さんは、裏で上司と手を組んでいる場合もあります(私も陰で悪口言われたこともあります)。

上手く合わせつつも、一定の距離は保つようにしましょう。

 

とにかく、仕事をがんばって覚える、早くできるようにする。

そうすればおのずと気に入られると思います。

 

パワハラ上司から逃れたい!どうしてもダメなら転職しかない?

結局、パワハラ上司の攻撃がおさまるのは、

・いじめるのに飽きた(新たなターゲットができた)

・仕事ができるようになって、いじめがいがなくなった

この2パターンが多いような気がします。

 

とにかく、時間が経たないとわからないんですよね。

しかし、なかなか仕事を教えてもらえないと、その域までに達することができません。

そうなると、やはり転職してその場から逃れるのが一番確実な方法かもしれません。

本当に悔しいですけどね…でも、居座り続けたところで改善されないと思うなら、早めに決断するのも悪くないと思います。

 

先ほど、辞めさせてくれないと書きましたが、ある一定のところまで行くと「それならどうぞ、勝手に辞めてください」というふうにあっさりと許可が降ります。

また、新しい人を募集すればいい話ですしね。

あさひ
まあ、随時募集してるんですけどね

 

職場だけでなく、他のところにも目を向けよう

何度も書いたように、ほぼ100%パワハラ上司の言動が悪いので、こちらが怯える必要はありません。

辞めたいと思えば堂々と辞めていいし、続けるにしても堂々としていればいいのです。

「限界と思ったらいつでも辞めてやる」という気持ちで働いていたほうが精神的にもつらくないです。

 

とはいえ、1日の24時間のうち約8時間働くとすると、働いている時間って結構な割合を占めてますよね。

寝ている時間を考えないと、起きている時間の半分くらいは仕事をしていることになります。

さらに、一人暮らしをしている場合だと、家に帰っても一人でどんどん気持ちが落ち込んでしまうような気がします。

 

なんか…学生のときと一緒だなと思います。

私も中学生のときはそんな感じでした。学校に行きたくなくて、人生のうちで一番つらかった。

そんなんでも何とか生きてこれたのは、部活に仲のいい友達がいたことと、家で日記とイラストを描いて気を紛らわせていたことがよかったんじゃないかなと思います。

 

なので、ぜひ、仕事以外のことに目を向けましょう。

せっかくお金が入ってくるのだから、欲しかったものを買うのもいいし、してみたかったことをしたらいいと思います。

 

あと、ぜひ挑戦してみてほしいのが、家でお金を稼ぐという体験です。

「家でお金を稼ぐ」というと、いろんなイメージがあると思います。

・内職って全然稼げないんじゃないの?

・株やFXって危険じゃないの?

・「家でも○○万稼げる!」って広告を見るけど、胡散臭くない?

と、マイナスイメージがあるのも事実です。

 

別に、すぐに月に20万稼いで仕事を辞めろ!と言っているのではありません。

ほんの数百円でもいいです。

ただ、「職場に行かなくても、家でお金を稼ぐことができる」という経験があれば、心が楽になると思うのです。

 

私は入職して半年くらい経ったときに、仕事に行くのが嫌でした。

そんなときに、ブログに広告を貼ってお金を得ることができるということを知りました。

「家にいてお金をもらえる方法があるんだ」と驚くと同時に、ちょっと安心したのを覚えています。

 

今では、このブログに広告を貼って、いくらかの収入を得ています。

ブログで食べているプロの方から見たら本当に大したことない金額ですが、それでも「仕事以外でお金を得ている」というのは、精神的にもかなり楽になりました。

 

あとは、性格悪いですけど、ちょっとした優越感ですかね。

私の周りには、「パソコンすら持っていない」という方がちらほらいます。ネットで買い物もまったくしないとか。

そういう方にとって「自宅でパソコンを使って稼ぐ」と言われてもなんのこっちゃ?という話ですよね。

病院勤務だからなのかもしれないですけど、そういうITにうとい人って結構いるんですよね(パソコンがあまり使えなくても仕事できちゃうから)。

そんな環境の中で、

あさひ
私、家でパソコン使って収入を得ていまーす!

という謎の優越感に浸ることができます。まあ絶対に声に出して言わないですけど。

 

ちなみに、例のパワハラ上司。

さんざん攻撃して、辞めることを決意した職員さんのことを、

「あの子はコンビニのバイトでも無理なんじゃないか?家で内職くらいしかできないだろ」って言ってました。

あさひ
家で内職とか…他にも家で稼ぐ方法なんていっぱいあるわ!

と思ってしまったのでした。

 

まとめ:パワハラする奴のために自分の大切な時間を使わないで!

パワハラを受けてしまうと、頭の中がそのことばっかりになってしまいます。

「はあ…今日も怒られてしまった…明日は怒られませんように」

なんて、家に帰ってからも考えてしまいますよね。

 

でも!そんなふうに上司のことばかり考えるのは、向こうの思うつぼです。

パワハラ上司は「えらい!すごい!」と思われて、注目されたいんです。

だから、新人のミスを指摘して「お前はまだ仕事できないけど、自分は仕事できるんだぞ」とアピールしたいのです。

本当は仕事ができなくて、周りのベテランの職員からはそう思われて陰であきれられているのをわかっているけど、それを認めたくない。

だから、まだ仕事ができない新人に自分をアピールしようとします。

 

なので、「あーなんかこいつまた言っとるわ」くらいにサラッと流すのが、一番の攻撃だと思います。

家では自分の好きなことをして、考えないようにする!

「怒られないようにしなきゃ!」「気に入られなきゃ!」と上司のことを考えると、しんどくなるし、上司も「よっしゃもっと攻撃してアピールしたろ」とエスカレートしていきます。

それがダメなら、やっぱり転職してスパッとおさらばする。

あさひ
奴に使う時間なんてない!貴重な時間をムダにしちゃダメだよ

 

長々と書いてきましたが、これがパワハラ上司のいる職場の現実です。

私はこの職場に定年までいる気はまったくないので、次の段階をそろそろ考えていかないとなと思います。



-仕事

Copyright© ゆるたん結婚生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.