音楽

神曲揃い!テンションが上がる「仮面ライダー」「戦隊ヒーロー」の主題歌ランキング

更新日:

こんにちは、黒川あさひです。

 

早いもので、息子は3歳9ヶ月になりました。

ちょうど3歳になった頃から彼がハマっているもの…。

それは、「仮面ライダー」と「戦隊ヒーロー」!

「男の子は仮面ライダーや戦隊ヒーローにハマるよ」って聞いていたけど、本当なんだなと実感。

 

実は、仮面ライダーや戦隊モノにまったくと言っていいほど詳しくなかった私。

唯一知っているのは、「佐藤健」と「半田健人」のみ(笑)

 

そこで、図鑑を買って息子と一緒に少しずつ覚えていきました。

そしたら、私もまんまとハマってしまい…キャラデザやストーリーはもちろんだけど、特に主題歌!!

テンポのよくてどこか懐かしさも感じさせる曲。

そして、子ども向けということもあって、わかりやすい、聞きやすい曲が多いんですよね。

どんどん好きな曲が増えてきて、「世の中にはこんな素晴らしい曲がまだあったんだな…」と嬉しくなりました。

 

というわけで、「仮面ライダー」「戦隊ヒーロー」の主題歌の中で特に気に入った曲を10曲紹介していきます!

 

1.仮面ライダーBLACK/倉田てつを:「仮面ライダーBLACK」(1987年)

これは何年ぶりくらいかというくらい、自分の中で大ヒットした曲。

初めて聴いたときにビビっときました。イントロから最後まで全部好き…!

作詞作曲が、阿木燿子・宇崎竜童夫妻だと知って納得しました。

(山口百恵さんの楽曲で有名です)

イントロから何となくそれっぽいもんね。それでいて、ちゃんと仮面ライダーの曲になってるからすごい。

 

この曲は、「BLACK」で主人公を演じた倉田てつをさんご本人が歌っています。

なので、「あまり上手くない」と言われることも多いとか。

いやでも、本業俳優でこれだけ歌えれば大したもんだし、むしろカラオケで歌うハードルが低くなるからありがたかったりします。

(ただこの曲、Aメロの音程が低すぎて、声が低い私でも無理でした。やっぱり男性が歌うのがいいのかな…)

 

2.仮面ライダーBLACK RX/宮内タカユキ:「仮面ライダーBLACK RX」(1989年)

RXもかよ!という声が聞こえてきそうですが、はいそうです。RXの曲も好きです!

続編というだけあって、ある程度、統一感があるように配慮しているのかなと思いました。

 

ちなみに、しょこたんのこちらの動画の中で、この曲をくちずさんでいるんですよね。

「2番はリズムがちょっと変わって~」と解説しているところで「わかるわかるw」と思わず笑ってしまいました。

 

「仮面ライダーBLACK」「仮面ライダーBLACK RX」の小話

私が産まれた歳に放送していた仮面ライダーということで、勝手に親近感(?)が…。

あと、主人公・南光太郎を演じた倉田てつをさんが、自身の息子に「光太郎」と名付けたエピソードが、個人的にグッときました。

なんかいいよね、自分の役名を子どもに付けるって。

それだけ光太郎に思い入れがあるんだろうなあ。

 

3.Justiφ’s/ISSA(DA PUMP):「仮面ライダー555」(2003年)

平成仮面ライダーの中でも、根強い人気を誇る「555(ファイズ)」のOP曲「Justiφ’s(ジャスティファイズと読みます)」。

 

主題歌を担当したのは、再ブレイクで話題のDA PUMPのISSA。

この曲は人気が高く、何となく聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

 

イントロからテンション上がりますね!

そしてISSAの圧倒的歌唱力!全体的に、とても聴きやすい曲です。

最初聴いたときは、「イントロ~サビの前まではカッコいいけどなあ」という印象でした。

でも、何回も聞いていくうちにじわじわと好きになっていきました。

 

「仮面ライダー555」の小話

「555(ファイズ)」の主人公を演じたのは、この作品でブレイクした半田健人。

若手イケメン俳優に興味がない私が見ても、整った顔してるなあと思います。

最近はあまり表舞台には出てきませんが、現在は歌手活動をメインにしているそうです。

ちなみに昭和歌謡(特に尾崎紀世彦さん)が好きだそうで、歌謡曲調の歌をリリースしています。

「Justiφ’s」も自身でカバーしており、しかも歌謡曲風にアレンジされているのがイイ!

本当に歌謡曲が好きなんなんだなってのが伝わってきます。

一部試聴できるので、よかったら聴いてみてください!

 

4.少年よ/布施明:「仮面ライダー響鬼」(2005年)

歌謡曲好きとして外せないのが、「響鬼(ひびき)」のED曲「少年よ」。

なんたって歌謡曲界のレジェンド・布施明さんが歌ってますからね!

「君は薔薇よりも美しい」「シクラメンのかほり」で有名な布施明さんが、持ち前の声量を生かして壮大に歌い上げるバラードです。

他の仮面ライダーの楽曲とは違う意味でカッコイイ曲。

 

ちなみに、この年の紅白に布施明さんはこの「少年よ」で出場しました。

響鬼、そして仲間の威吹鬼と轟鬼の3人と共演、さらに曲の終盤で響鬼を演じた主演の細川茂樹さんまで登場という盛り上がる展開を見せました。

仮面ライダーが紅白に出場したのは、これが最初で最後です。

 

「仮面ライダー響鬼」の小話

主人公のヒビキさんと、もう一人の主人公・明日夢くんの関係性がとても好きで、個人的にお気に入りの仮面ライダー作品です。

(歳の差・師弟愛に弱い私…)

これ以上語ると、びーえるの話になってしまうので割愛…。

 

5.Anything Goes!/大黒摩季:「仮面ライダーオーズ」(2011年)

これは仮面ライダーの曲とは思えないほど完成度の高い曲で、平成仮面ライダーの主題歌の中でも人気があります。

大黒摩季はやっぱり強い(?)…!カッコいい曲を歌わせたら最強。

ちなみに、PVでは本物の仮面ライダーオーズと共演しています。

ライブ会場の裏方に怪獣が出現、そこに颯爽と現れるオーズ、白熱のバトル!というありきたりな展開ですが、曲とバトルシーンがとてもよく合っていてつい見入ってしまいます。

 

6.Life is SHOW TIME/鬼龍院翔fromゴールデンボンバー:「仮面ライダーウィザード」(2013年)

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんのソロ曲。

作曲が「女々しくて」を作曲された方と同じなので、いかにもゴールデンボンバーらしいなという楽曲です。

(歌謡曲好きな人なら「女々しくて」も好きだよね?)

魔法使いがモチーフのスタイリッシュなウィザードのイメージにピッタリだなと思います。

 

「仮面ライダーウィザード」の小話

これを見た旦那が、「もしかして、当時まどマギが流行ったから(魔法使い)じゃない?」って言っててするどいなと思いました。

あと、もう一つ、主役を演じた白石隼也さんについて。

「ウィザード」の後に、「グッドモーニングコール」の上原くん役をしていることが判明!

「ああ、確かに上原くんっぽいな」と思いました。輪郭がシュッとした感じとか、長身なところとか。

りぼんで連載されていた当初から「グッドモーニングコール」が大好きだったので、なんか嬉しかったです。

 

7.鳥獣戦隊ライブマン/嶋大輔:「鳥獣戦隊ライブマン」(1988年)

32年前のかなり古い楽曲ですが、今聞いても全然古臭くないです。

(これも、私が産まれた年の作品ですね。まさかの「仮面ライダー」「戦隊ヒーロー」の2作品ともランクインするとは)

サビから徐々に盛り上がって、最後ドッカーン!ライブマーン!!って終わる感じが、とても気持ちがいいです。

 

歌っているのは、レッドファルコンを演じた嶋大輔。歌手だけあって、やっぱり上手い!

ツッパリ路線からさわやかな戦隊ヒーローへの方向転換は、当時話題になったそうです(笑)

そもそも、もともとある低度知名度のあった嶋さんを適用したこと自体が、めずらしかったみたいですね。

 

「鳥獣戦隊ライブマン」の小話

この作品で、はじめて「ブルーが女性」だったんですよね。

ブルードルフィンといって、名前のとおりイルカがモチーフになっています。

ブルードルフィンを演じた女優さん(森恵さん)もとてもさわやかな方で、イルカのイメージにピッタリだなと思いました。

 

8.炎神戦隊ゴーオンジャー/高橋秀幸(Project.R):「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年)

ちょっと懐かしい感じのするノリノリの曲

なんとなく、「飛べイサミ!」のOP「ハートをみがくっきゃない」に雰囲気が似ているような気がします。

そういう曲調が好きなら気に入ると思います。

「1.2.3.4.ゴーオンジャー!!」っていう単純な(?)歌詞も好き。

試しにカラオケで歌ってみましたが、かなり歌いやすい!声が低くて音域が狭い人におすすめです。

 

9.列車戦隊トッキュウジャー/伊勢大貴:「列車戦隊トッキュウジャー」(2014年)

懐メロ感はあまりないかもしれないですが、正統派の戦隊ヒーローのOPという感じ。

なぜ選んだのかというと、息子が一番最初にハマった戦隊ヒーローだからです。

戦隊ヒーローの図鑑を見ていて、一番食いついたのがこの「トッキュージャー」だったんです。

その後、全話見たので歌を覚えてしまったというわけです。

ちなみに、カラオケでも歌いやすいです。とても気持ちよく歌えるので、ますます大好きな曲になりました。

 

「列車戦隊トッキュウジャー」の小話

まったくノー知識で見たので、初見の感想は「え!志尊淳!?」「おあ!?横浜流星も出てんの!?」でした。

でも、まったく知らない俳優さんよりは、知っている俳優さんが出ているほうがより楽しめたのでよかったです。

(とはいえ、恥ずかしながら、この作品で横浜流星の顔をやっと覚えました…)

 

10.キラフル ミラクル キラメイジャー/出口たかし:「魔進戦隊キラメイジャー」(2020年)

まさか令和の時代にこんな懐メロっぽい曲が聞けるとは!と感動しました。

現在放送中の「魔進戦隊キラメイジャー」のED曲です。

ダンスを見ながら聞いてみるとさらに楽しいので、ぜひ動画を見てほしいなと思います!

 

まとめ

当分の間、「仮面ライダー」「戦隊ヒーロー」沼から抜けられないであろう息子…。

私も便乗して、勉強していこうと思います。

まだ、すべての楽曲を聞いたわけではないので、これからも聞き続けていきたいですね。



-音楽

Copyright© ゆるたん結婚生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.